葬儀について

投稿者:古賀 俊介

お葬式を2日間(通夜・告別式)やる意味について

家族葬

お葬式を2日間(通夜・告別式)やる意味について

今回は、お葬式を2日間(通夜・告別式)やる意味についてお話させていただきます。
昨今葬儀形式も多様化され、通夜式を執り行わない1日葬や通夜式も告別式も執り行わない直葬、火葬式も増えてまいりました。
様々なご事情で、お見送りする方とお見送りされる方のお考えも変わってきたことが考えられます。
そもそも葬儀とはなぜするのか?葬儀の意味とは大きく2つございます。
一つ目が「死者の尊厳をまもること 2つ目が遺族の悲しみ(グリーフ)を大切にすることであります。我々葬儀社が葬儀のお仕事に携わる際に先ず学ぶことでもあります。
最近では、お見送りされる方の遺言やお言葉の中に「残された家族に負担をかけたくない」というお気持ちから「費用面」や「規模面」で葬儀形式が多様化されてきたことが考えられます。
残されたご家族を思い「直葬・火葬式」の形式で行って欲しいと遺言があり実際にその通りに執り行ったが、終わった後に「これでよかったのか?」と自問自答する残されたご家族もいらっしゃいました。
中には宗教者様をお迎えして1名(喪主様)のみで通夜式、告別式を執り行い、終わった後「お寺様の読経には不思議と悲しみを和らげる効果があるのですね」また「しっかりお見送りすることができた」とおっしゃる方もいらっしゃいました。
大事なことはお見送りする方とお見送りされる方の意見の不一致がないように事前に共有しておくことと、残されたご家族の気持ちも考えることが大切なことだと我々、博愛社(オーロラ・ホール)は考えます。
ご不明な点ございましたら「博愛社」へお電話ください。
さいたま市の家族葬は、博愛社へお任せください。ご逝去時のお迎え、葬儀の運営、アフターサポートまでなんでも承ります。
お急ぎの方は24時間365日いつでもお電話ください。
⇒通話無料0120-051-879

このブログの投稿者

経営企画本部

1級葬祭ディレクター
部長

古賀 俊介

「人の役に立ちたい」という想いから、葬儀業界に転職してきました。より多くのお客様の悲しみを和らげ、新たな次のステップが踏み出せるように精一杯お手伝いいたします。…

お急ぎの方へ

0120-051-879

お電話は、24時間365日対応しております

0120-051-879 お電話は、24時間365日対応しております こちらを押してお電話下さい

私たち葬儀ディレクターが承ります

  • 相談員 古賀 一級葬祭ディレクター

    相談員 古賀
    一級葬祭ディレクター

  • 相談員 藤崎 一級葬祭ディレクター終活カウンセラー

    相談員 藤崎
    一級葬祭ディレクター
    終活カウンセラー

事前相談・資料請求を
ご希望の方へ

葬儀に関する不安やご要望は
お気軽にご連絡ください。

  • 費用のことがよくわからない
  • 身内だけでひっそりと葬儀をしたい
  • 参列者が急に増えてしまったら…

エンディングノートをプレゼント中!

事前相談・資料請求はこちら