葬儀について

投稿者:古賀 俊介

火葬式・直葬とは?

火葬式・直葬とは?

お葬式の事前相談をお受けしていると、昨今火葬式・直葬の形式を希望されるお客様も少なくありません。
今回は火葬式・直葬とは?についてお話をさせていただきます。
各葬儀社によって認識や説明も違いがあると思いますが、博愛社(オーロラ・ホール)が考えている内容で、お話しをさせて頂きます。
火葬式・直葬とは、お通夜、告別式(2日間)を執り行わないお式のことを言います。よくある間違った認識として、万が一の際、病院・施設からそのまま火葬場にいくことが火葬式・直葬と思われている方がいらっしゃいますが、そうではありません。
まずは、火葬場を使用する際にはいくつか条件がございますので、そのことについてご説明いたします。
一つ目は、火葬場の利用には、火葬許可書というものが必要となります。
こちらは、葬儀社が代行して各該当する区役所にて手続きを行い、火葬許可書を発行して頂きます。
2つ目は、火葬場を利用する際は、必ず故人様をお棺にご納棺された状態で、火葬場にいかなければなりません。その為に病院、施設にて万が一の際は、ご自宅か葬儀社の霊安室に一旦ご移動して、ご納棺してから火葬場にいく必要があります。
3つ目の条件としては、お亡くなりになってから、24時間経過してからでないと火葬場の利用ができないことが挙げられます。
火葬式・直葬の主な流れとしましては、病院、施設から故人様をご移動した場所(ご自宅か葬儀社の霊安室)から、(予約した火葬日に)火葬場に向かい、火葬場にてお別れをしていただきます。火葬場では、15分前後お別れできる時間がございますので、お花や思い出のお品をお棺に入れたり、お寺様をお呼びして短い時間で読経していただくことができます。また、火葬日までご自宅で故人様がお休みの場合は、ご自宅にてお別れをすることもできます。
様々なご事情で火葬式・直葬をご希望されるお客様が増えてきておりますが、大事なことは、どのようなお式にされたいか、価格だけでお決めになるのではなく総合的にご判断をして頂くことが大切なご家族をお見送りする際に大切になってきます。
後悔しないお葬式をするためにも事前にお葬式を考えることをおすすめいたします。
ご不明な点ございましたら「博愛社」へお電話ください。さいたま市の家族葬は、博愛社へお任せください。ご逝去時のお迎え、葬儀の運営、アフターサポートまでなんでも承ります。
お急ぎの方は24時間365日いつでもお電話ください。
⇒通話無料0120-051-879

このブログの投稿者

経営企画本部

1級葬祭ディレクター
部長

古賀 俊介

「人の役に立ちたい」という想いから、葬儀業界に転職してきました。より多くのお客様の悲しみを和らげ、新たな次のステップが踏み出せるように精一杯お手伝いいたします。…

お急ぎの方へ

0120-051-879

お電話は、24時間365日対応しております

0120-051-879 お電話は、24時間365日対応しております こちらを押してお電話下さい

私たち葬儀ディレクターが承ります

  • 相談員 古賀 一級葬祭ディレクター

    相談員 古賀
    一級葬祭ディレクター

  • 相談員 藤崎 一級葬祭ディレクター終活カウンセラー

    相談員 藤崎
    一級葬祭ディレクター
    終活カウンセラー

事前相談・資料請求を
ご希望の方へ

葬儀に関する不安やご要望は
お気軽にご連絡ください。

  • 費用のことがよくわからない
  • 身内だけでひっそりと葬儀をしたい
  • 参列者が急に増えてしまったら…

エンディングノートをプレゼント中!

事前相談・資料請求はこちら