葬儀の後、たくさんの手続きがあるみたいですが、どうすればいいですか?




博愛社の場合では、ご葬儀後の手続きのお手伝いもさせていただいております。相談は無料で行っておりますので、ご安心してお任せください。



よくある質問一覧に戻る

関連する質問

  • 葬儀の後、たくさんの手続きがあるみたいですが、どうすればいいですか?

    博愛社の場合では、ご葬儀後の手続きのお手伝いもさせていただいております。相談は無料で行っておりますので、ご安心してお任せください。

  • 葬儀代金の支払いは、いつまでに支払えば良いですか?




    請求書がお手元に届いてから1週間以内のお支払いをお願いしております。



  • さいたま市で新盆・初盆を迎えるのですが、何をすればいいですか?




    お盆にはお墓参りをしたり、自宅でお供えや提灯を飾ってご先祖の霊を迎えるのが一般的ですが、新盆・初盆ではさらに、僧侶や親族、故人と縁の深かった方々を招いて法要を行うため、あらかじめ準備しておくことも多くあります。
     
    ①初盆(法事)の日程を決める
    お盆の期間は、7月13日~7月16日または8月13日~8月16日ですが、初盆の法事をいつ行うか決める必要があります。親族や親しい方が集まりやすい日で、早めに決めましょう。
     
    ②参加者への通知
    初盆の法事について親族や親しい方に早めに連絡しておきましょう。時間と場所を連絡し、参加の可否も聞いておく必要があります。料理やお返しの準備があるため、電話や往復はがきなどで参加の確認をしておくといいでしょう。
     
    ③会食場所、料理の手配
    初盆での会食をどうするか決めましょう。
    自宅に招いて食事をするのか、どこかの料理屋で食事をとるか、など様々です。自宅の場合は、自分たちで用意するのか、仕出し弁当などを頼むのか決めましょう。




     
    ④宗教者の手配
    初盆・新盆には、一般的に菩提寺の僧侶に棚経をあげてもらいます。お寺は檀家の家をまわって盆棚・精霊棚の前で読経をしますが、檀家の数によっては、前倒しでお経をあげることもあります。
    またお寺では、盂蘭盆会の法要を行われるところもあります。お盆の時期は、お寺も忙しいので早めに連絡しておきましょう。
     
    ⑤初盆のお見舞いを頂いた方への返礼品の準備
    初盆にお供えを持ってきてくれた方へのお返しは、菓子折りやお茶・ミニタオルなど、法要での一般的な返礼品を参考にして選ぶといいでしょう。
    お供えをいただいたことへのお礼を込めて相手に合わせて選びたいですね。
     
    ⑥盆棚、お供え物(お供物)
    仏壇とは別に盆棚(精霊棚)をつくることが多いです。
    ご先祖様の霊(魂)を迎える盆棚(精霊棚)を13日の朝につくります。
    位牌を安置し、そうめんや水、季節の果物や個人の好物などをお供えします。また、お盆の風物詩でもある精霊馬をお供えします。茄子で作った牛やきゅうりの馬が一般的ですが、地域によってはゴーヤを用いたり、茄子ときゅうり以外の野菜を用いる地域もあります。精霊馬には「ご先祖の霊が牛に荷物を引かせ、馬に乗って行き来する」という言い伝えがあります。ほうずきや粟などを吊るしたり、笹だけや色紙、五如来幡を飾ったり、まこものゴザを敷いたりします。

  • 仏壇はいつまでに用意すればいいのでしょうか?


    お仏壇の根本の意味は仏様をお祀りすることですから、いつ買ってもかまいません。お位牌がなくて、お仏壇だけをお祀りしてもかまいません。実際、浄土真宗はお仏壇の中にお位牌を置きません。ですが、多くの場合、お仏壇を買うのはご家族が亡くなって必要に迫られた時でしょう。四十九日の法要の後、お位牌が本位牌になりますので、この時までにお仏壇を用意するのがいいでしょう。
    経済的な都合で、お墓と一緒に用意できない場合は、お仏壇を先に買う方がいいでしょう。故人のお位牌を置いたお仏壇の方が、お墓よりも日常的に接するものだからです
    年忌法要も一つの機会です。そうすれば、年忌供養とお仏壇の開眼供養(魂入れ)を一度に行うこともできます。ご検討ください。

  • さいたま市でお墓の購入を考えています。市営霊園や民間霊園など、どこかおすすめの霊園はありますか?紹介してもらえますか?


    弊社、博愛社では、さいたま市を中心に多くの墓地霊苑をご紹介させて頂く事が出来ます。また、海洋散骨、樹木葬、永代供養墓もご提案させて頂くこともできますので、お気兼ねなくご相談くださいませ。

  • 供花のみを頂いた場合に、葬儀後にお礼は必要ですか?






    • 供花のみいただいた場合には、「お返しはしなくてよいので、お礼状のみを送ればよい」又は「お返しはしてもしなくてもどちらでもよい」という考えも一部ありますが、 返礼不要と明記がない限りは、お礼状のみ送るよりも、ちょっとしたものでよいので品物を付けて送るとお気持ちがより伝わります。
      (高額の供花の場合には、特にお返しをしたほうが良いと思います。)
      もし品物もお礼状も何も送らない場合には、お会いした際にお礼の気持ちをお伝えするのでも構いませんが、 何もしないと贈った方が「ちゃんと供花が届いているのかどうか」と不安になってしまいますので、何らかの形でお礼を伝えるようにしましょう。
      お返しの金額については、香典返しと同じように「いただいた金額の半額から3分の一程度」が相場となります。
      香典といっしょに供花を頂いた場合には、香典と供花の金額を合わせた金額で忌明けとなる四十九日の後にお返しをするようにします。
      この場合には「香典返し」と「供花のお返し」の品物は特に分ける必要はありませんので、合算の金額で品物を選ぶとよいでしょう。





    •  



  • 香典返しが不要な場合はありますか?


    ございます。
    ・地域の取り決めにより金額やお返しが決められている場合。
    ・ご親戚の間でお互い様にされる場合。
    知人・友人の方へはお返しを渡された方がよろしいと思います。

  • 香典のお返しの相場はいくらになりますか?




    金額で考えると、頂いたお香典の半返しが相場と言われております。
    香典返しに清め酒を付けてお渡ししていましたが、お持ち帰り頂く時の重さを考え、
    最近ではつけなくなりましたので、その分の金額を半返し金額に上乗せされているようです。



  • 喪主挨拶の例文などありますか?

    ご会葬者への御礼、精進落しなどの喪主様のご挨拶の例文は、ご用意ございますのでご安心ください。
    ■ご出棺前のご挨拶(告別式の最後に喪主様からの挨拶)
    本日は、お忙しいところ、故人のためにご会葬いただき誠にありがとうございました。
    おかげを持ちましてご葬儀並びに告別式も滞(とどこお)りなく終えることができました。
    又、皆様には最後までお見送りをいただき、故人もさぞ喜んでいることと存じます。
    生前に賜(たまわ)りました皆様のご厚誼(こうぎ)に対し心からお礼申し上げますとともに、
    今後とも残されました私たちに対し、変らぬご指導を賜りますようお願い申し上げまして、
    ご挨拶とさせていただきます。 本日は誠にありがとうございました。

    ■精進落しのご挨拶(喪主様からの挨拶)
    本日は、ご多用中のところ亡き***のためにご会葬賜りまして、誠にありがとうございました。
    おかげさまにて滞りなく葬儀並びに告別式を、済ませることができました。
    尚、お口よごしではございますが、粗飯(そはん)をご用意致しましたので、どうかおくつろぎください。
    誠にありがとうございました。

    ■献杯(けんぱい)のご挨拶(喪主様ではなくご親族様代表の方がやられる場合が多いです)
    ご指名を賜(たまわ)りました***でございます。
    本日は、***様の葬儀にかくも大勢の皆様にご会葬賜り、
    故人のお付き合いの広さを、いまさらながら感じております。
    それでは、献杯のご用意も整っているようですので、皆様方ご唱和ください。
    故***様の御霊(みたま)が極楽浄土(ごくらくじょうど)で安眠(あんみん)できますように、
    献杯いたします。 [献杯] ありがとうございました。

  • 家族葬のお葬式で、返礼品は必要ですか?


    家族葬とお伝えしていても思いがけない会葬者様がお越しになることも多々ございますので、準備はしておいた方が宜しいと思います。博愛社では、返礼品のご精算は、ご用意した数ではなく、会葬者様にお渡しした数のご精算になりますので、事前に準備をさせていただきまして、使った分だけのご精算とさせていただいておりますので、ご安心ください。

お急ぎの方へ

0120-051-879

お電話は、24時間365日対応しております

0120-051-879 お電話は、24時間365日対応しております こちらを押してお電話下さい

私たち葬儀ディレクターが承ります

  • 相談員 古賀 一級葬祭ディレクター

    相談員 古賀
    一級葬祭ディレクター

  • 相談員 藤崎 一級葬祭ディレクター終活カウンセラー

    相談員 藤崎
    一級葬祭ディレクター
    終活カウンセラー

事前相談・資料請求を
ご希望の方へ

葬儀に関する不安やご要望は
お気軽にご連絡ください。

  • 費用のことがよくわからない
  • 身内だけでひっそりと葬儀をしたい
  • 参列者が急に増えてしまったら…

エンディングノートをプレゼント中!

事前相談・資料請求はこちら