当葬儀社について

投稿者:藤﨑 榮子

「喪服について~女性編~」

喪服について(女性)

「家族葬って?~家族葬のメリットと参列について~」

さいたま市に本社を構える、家族葬、1日葬、火葬式など様々な形式、宗教宗派にご対応させて頂いている博愛社(オーロラ・ホール)です。今回は、「喪服について~女性編~」についてお話をさせて頂きます。

一言に喪服と言ってしまいますが、実は喪服は3種類にわけられます。
「正喪服」「準喪服」「略喪服」です。女性の喪服についてお話します。

〇正喪服
最も格式の高い喪服です。和装の場合は、5つ紋のついた黒紋付です。
洋装の場合は、光沢感のない黒無地のワンピースにボレロ又は、アンサンブル、スーツなどのブラックフォーマルとよばれている物です。但しパンツスーツは該当しません。
「正喪服」は、喪主と親族(三親等)までが着用するものです。

〇準喪服
和装の場合は、無地に3つ紋又は1つ紋付きの着物です。洋装の場合はワンピース、アンサンブル、スーツのブラックフォーマルになり、正喪服をほぼ同じです。

〇「略喪服」
喪主側から「平服」を指定された場合に着用します。和装は、寒色系の無地に1つ紋又は、3つ紋です。一般的な会葬などで着用します。
洋装の場合はブラックフォーマル以外の黒、紺、グレーなどの地味な色のワンピース、スーツなどです。

〇「バッグや靴」
色は黒が基本です。黒以外は避けた方がよいでしょう。エナメル、クロコダイルなどはマナー違反になります。
バッグも同じように皮製の物は避け、ショルダーバッグも望ましくありません。光沢や艶を抑えた目立たない布製の黒のハンドバッグが良いとされています。

さいたま市の家族葬は、博愛社へお任せください。
ご逝去時のお迎え、葬儀の運営、アフターサポートまでなんでも承ります。
ご不明な点ございましたら「博愛社」へお電話ください。

お急ぎの方は24時間365日いつでもお電話ください。
⇒通話無料0120-051-879

このブログの投稿者

CS推進お客様相談室

終活カウンセラー   1級葬祭ディレクター

藤﨑 榮子

お客様のご不安を少しでも軽減できますよう日々、精進してまいります。

お急ぎの方へ

0120-051-879

お電話は、24時間365日対応しております

0120-051-879 お電話は、24時間365日対応しております こちらを押してお電話下さい

私たち葬儀ディレクターが承ります

  • 相談員 古賀 一級葬祭ディレクター

    相談員 古賀
    一級葬祭ディレクター

  • 相談員 藤崎 一級葬祭ディレクター終活カウンセラー

    相談員 藤崎
    一級葬祭ディレクター
    終活カウンセラー

事前相談・資料請求を
ご希望の方へ

葬儀に関する不安やご要望は
お気軽にご連絡ください。

  • 費用のことがよくわからない
  • 身内だけでひっそりと葬儀をしたい
  • 参列者が急に増えてしまったら…

エンディングノートをプレゼント中!

事前相談・資料請求はこちら