葬儀について

投稿者:内藤 美枝

香典袋(不祝儀袋)の種類と選び方②

香典袋(不祝儀袋)の種類と選び方②

前回の「御霊前」と「御仏前」や表書きの違いに続いて、今回は香典袋(不祝儀袋)の種類についてのお話です。
香典袋(不祝儀袋)の、水引にも種類があります。
まず、最も使う機会が多いものは印刷された香典袋です。これは中に包む金額が5千円以下で、主に友人・知人などのご葬儀で使用します。印刷タイプは100円均一やコンビニでも販売されており、比較的手に入りやすいものです。
次は印刷タイプではなく、黒と白の水引がついた香典袋で、ご親戚や会社の取引先などお近い方がお亡くなりの場合などに使われます。中に包む金額は5千円から2万円が相場です。
それより近しい関係の兄弟やご親戚の場合は、和紙に双銀の水引で短冊を用いた「中金封」、さらにご両親がお亡くなりの場合は「大金封」と呼ばれる香典袋を使用します。「中金封」は2万円~5万円、「大金封」は10万円以上が相場です。
故人様との関係や金額に合わせて、適切な香典袋(不祝儀袋)を選択しましょう。
ご不明な点ございましたら「博愛社」へお問い合わせください。
さいたま市の家族葬は、博愛社へお任せください。
ご逝去時のお迎え、葬儀の運営、アフターサポートまでなんでも承ります。
お急ぎの方は24時間365日いつでもお電話ください。
⇒通話無料0120-051-879

このブログの投稿者

経営企画本部

内藤 美枝

お客様から「ありがとう」と言っていただけることを目標に頑張っております。 色々な角度から物事を考え、より良い弊社会報誌の作成ができるよう努めています。…

お急ぎの方へ

0120-051-879

お電話は、24時間365日対応しております

0120-051-879 お電話は、24時間365日対応しております こちらを押してお電話下さい

私たち葬儀ディレクターが承ります

  • 相談員 古賀 一級葬祭ディレクター

    相談員 古賀
    一級葬祭ディレクター

  • 相談員 藤崎 一級葬祭ディレクター終活カウンセラー

    相談員 藤崎
    一級葬祭ディレクター
    終活カウンセラー

事前相談・資料請求を
ご希望の方へ

葬儀に関する不安やご要望は
お気軽にご連絡ください。

  • 費用のことがよくわからない
  • 身内だけでひっそりと葬儀をしたい
  • 参列者が急に増えてしまったら…

エンディングノートをプレゼント中!

事前相談・資料請求はこちら