葬儀について

投稿者:内藤 美枝

香典袋(不祝儀袋)の種類と選び方

香典袋(不祝儀袋)の種類と選び方

先日会報誌の発刊をお伝えしましたが、今回は会報誌にも掲載してあります「香典袋(不祝儀袋)」についてのお話です。

香典袋(不祝儀袋)には、同じ白黒の水引がついていても、「御霊前」「御仏前」など表書きにいくつかの種類があります。

「御霊前」と「御仏前」についての違いは、文字通り、霊と仏の違いです。一般的な仏教の教えでは、人はお亡くなりになって忌明け(四十九日)までは御霊の状態であり、四十九日法要を経て、仏様になって極楽浄土にいくと考えられています。

仏式の通夜・葬儀(告別式)では「御霊前」と書くのが一般的です。香典(現金)だけでなく、御供物にも使う事ができます。ほとんどの宗派で使う事ができますので、宗教が確認できない場合には「御霊前」を使うのがよいでしょう。

「御仏前」は故人様が仏様になった四十九日の法要以後、一周忌・三回忌・七回忌などの法事に使われます。

浄土真宗の場合は、霊という考え方はありません。お亡くなりになったらすぐに成仏するという教え(既得往生)なので、葬儀の時に「御霊前」ではなく「御仏前」を使います。

訃報は突然にやってくるものです。そんな時に慌てないようにおさえておきましょう。

ご不明な点ございましたら「博愛社」へお問い合わせください。

さいたま市の家族葬は、博愛社へお任せください。
ご逝去時のお迎え、葬儀の運営、アフターサポートまでなんでも承ります。

お急ぎの方は24時間365日いつでもお電話ください。
⇒通話無料0120-051-879

このブログの投稿者

経営企画本部

内藤 美枝

お客様から「ありがとう」と言っていただけることを目標に頑張っております。 色々な角度から物事を考え、より良い弊社会報誌の作成ができるよう努めています。…

お急ぎの方へ

0120-051-879

お電話は、24時間365日対応しております

0120-051-879 お電話は、24時間365日対応しております こちらを押してお電話下さい

私たち葬儀ディレクターが承ります

  • 相談員 古賀 一級葬祭ディレクター

    相談員 古賀
    一級葬祭ディレクター

  • 相談員 藤崎 一級葬祭ディレクター終活カウンセラー

    相談員 藤崎
    一級葬祭ディレクター
    終活カウンセラー

事前相談・資料請求を
ご希望の方へ

葬儀に関する不安やご要望は
お気軽にご連絡ください。

  • 費用のことがよくわからない
  • 身内だけでひっそりと葬儀をしたい
  • 参列者が急に増えてしまったら…

エンディングノートをプレゼント中!

事前相談・資料請求はこちら