当葬儀社について

投稿者:藤﨑 榮子

神封じについて

神封じ

神封じについて

さいたま市に本社を構える、家族葬、1日葬、火葬式など様々な形式、宗教宗派にご対応させて頂いている博愛社(オーロラ・ホール)です。

神棚封じは、身内に不幸があった時に神棚を封印する事をいいます。自宅にある神棚に半紙などを張ります。

神道では、人の死は「穢れ(けがれ)」とされているため、神様に「穢れ」が降りかかることを避けるためです。封印するタイミングは、家庭内で誰かが亡くなった時速やかに行うことが原則とされています。

例えば、病院で亡くなったあと自宅にご遺体が戻ったら速やかに神棚封じを行います。

神棚封じの半紙をはる場所は神棚の前面を塞ぐような形で天井から垂れ下がるようにして、テープで貼り付けます。神棚封じは可能な限り家族以外の人の手で行う事が通例となっています。

また、女性はしてはならず、男性のみが行うというしきたりがあるケースもあります。忌明け(四十九日)まで飾るのが一般的です。

ご不明な点ございましたら「博愛社」へお電話ください。

さいたま市の家族葬は、博愛社へお任せください。ご逝去時のお迎え、葬儀の運営、アフターサポートまでなんでも承ります。

お急ぎの方は24時間365日いつでもお電話ください。
⇒通話無料0120-051-879

このブログの投稿者

blank

CS推進お客様相談室

終活カウンセラー   1級葬祭ディレクター

藤﨑 榮子

お客様のご不安を少しでも軽減できますよう日々、精進してまいります。

お急ぎの方へ

0120-051-879

お電話は、24時間365日対応しております

0120-051-879 お電話は、24時間365日対応しております こちらを押してお電話下さい

私たち葬儀ディレクターが承ります

  • 相談員 古賀 一級葬祭ディレクター

    相談員 古賀
    一級葬祭ディレクター

  • 相談員 藤崎 一級葬祭ディレクター終活カウンセラー

    相談員 藤崎
    一級葬祭ディレクター
    終活カウンセラー

事前相談・資料請求を
ご希望の方へ

葬儀に関する不安やご要望は
お気軽にご連絡ください。

  • 費用のことがよくわからない
  • 身内だけでひっそりと葬儀をしたい
  • 参列者が急に増えてしまったら…

エンディングノートをプレゼント中!

事前相談・資料請求はこちら