当葬儀社について

投稿者:藤﨑 榮子

「箸渡し」について

箸わたし

「箸渡し」について

さいたま市に本社を構える、家族葬、1日葬、火葬式など様々な形式、宗教宗派にご対応させて頂いている博愛社(オーロラ・ホール)です。

今回は、火葬後の遺骨の収骨する方法「箸渡し」についてお話いたします。

箸渡しでは二人一組になって故人の遺骨を箸を使って骨壺に収骨します。

これは「箸」と「橋」をかけており、三途の川の橋渡しをするという意味が込められているとされています。

なお、食事マナーにおいて食事を箸と箸で渡す行為(箸渡し)は縁起が悪いとされ、マナー違反となります。

骨上げ(箸渡し)は故人の遺骨をただ骨壺に納めればいいというものではありません。まず、骨上げは喪主から始めて、喪主以外の遺族、その他の参列者(親しい友人など)の順番で行います。

そして、体から遺骨を骨壺に入れてきます。そして頭蓋骨を入れたあと、最後に喉仏を収めます。骨上げが終わったら、骨壷の蓋を閉じて白木の箱に入れ、覆いをかぶせ自宅に運びます。

骨上げの際に渡される埋葬許可証は、納骨の際に必要な書類になりますので、紛失しないように注意しましょう。

不明な点ございましたら「博愛社」へお電話ください。

さいたま市の家族葬は、博愛社へお任せください。ご逝去時のお迎え、葬儀の運営、アフターサポートまでなんでも承ります。

お急ぎの方は24時間365日いつでもお電話ください。
⇒通話無料0120-051-879

このブログの投稿者

blank

CS推進お客様相談室

終活カウンセラー   1級葬祭ディレクター

藤﨑 榮子

お客様のご不安を少しでも軽減できますよう日々、精進してまいります。

お急ぎの方へ

0120-051-879

お電話は、24時間365日対応しております

0120-051-879 お電話は、24時間365日対応しております こちらを押してお電話下さい

私たち葬儀ディレクターが承ります

  • 相談員 古賀 一級葬祭ディレクター

    相談員 古賀
    一級葬祭ディレクター

  • 相談員 藤崎 一級葬祭ディレクター終活カウンセラー

    相談員 藤崎
    一級葬祭ディレクター
    終活カウンセラー

事前相談・資料請求を
ご希望の方へ

葬儀に関する不安やご要望は
お気軽にご連絡ください。

  • 費用のことがよくわからない
  • 身内だけでひっそりと葬儀をしたい
  • 参列者が急に増えてしまったら…

エンディングノートをプレゼント中!

事前相談・資料請求はこちら