当葬儀社について

投稿者:藤﨑 榮子

「仏像の手の意味」について

仏像の手

「仏像の手の意味」について

さいたま市に本社を構える、家族葬、1日葬、火葬式など様々な形式、宗教宗派にご対応させて頂いている博愛社(オーロラ・ホール)です。



今回は、「仏像の手の意味」についてお話いたします。




主に如来と菩薩の事をさしますが、指の曲げ方、手の組み方によって仏像の意思や願いを表しているのです。その意味がわかれば、次に仏像を見たとき新たな魅力に気が付くことでしょう。


「法界禅」「定印印」


釈迦如来、大日如来、薬師如来など各如来の定印で、法界印と呼ばれます。左手の上に右手を重ね、左右の親指同士をくっつけて輪を作ります。卵を横にしたような形をイメージです。手の位置はお腹のあたりで、坐禅を組んだ状態で使います。瞑想にも用いられるので禅定印とも呼ばれます。


「説法印」


悟りを開いた釈迦が人生に苦しむ人々に教えを説いた時の印相で、説法印と呼ばれます。両手を胸の前に上げ、親指と中指をくっつけます。


「施無畏印」


奈良の大仏さまで有名な施無畏印です。右手を開いて胸のあたりに掲げます。これには人々の恐怖を取り除き、安らぎの心を与えるという意味があります。


「与願印」


施無畏印と対になる印相が、与願印です。左手を前に向け、指先を膝の方に垂らします。これは人々の願いを叶え、仏の道に入るように教えています。


「降魔印」


釈迦が悟りを開こうとしたとき、魔物が襲ってきたといわれています。魔物とは、瞑想中に心の中から湧いてくる煩悩や思念のことです。この降魔印で大地に触れることを『触地』といって、魔物を降伏させる力があります。


「智拳印」


智拳印は密教で有名な大日如来だけの印相です。胸の前で左手の人差し指を立て、右手でその指を握ります。右手は仏、左手は衆生を表しており、密教の『智慧』を表しています。


「来迎印」


来迎印は阿弥陀如来の印相です。


阿弥陀如来は浄土宗と浄土真宗の本尊です。『南無阿弥陀仏』と唱えれば、阿弥陀如来が極楽浄土に連れて行ってくれます。この来迎印は、阿弥陀如来が死者を迎えにやってくるときの印相です。右手で恐れを取り除き、左手で願いを叶え、救済に導きます。


「刀印」


人差し指と中指を立てることで、刀をイメージした刀印です。その刀で、邪悪なものを退治する意味があります。


以上、仏像の手の形9個の印想と意味について説明しました。


仏像の手の形に、これほどの意味が込められているのには驚きですね。この知識があれば、次に仏像を見たときの感じ方も変わってくるはずです。



ご不明な点ございましたら「博愛社」へお電話ください。



さいたま市の家族葬は、博愛社へお任せください。ご逝去時のお迎え、葬儀の運営、アフターサポートまでなんでも承ります。



お急ぎの方は24時間365日いつでもお電話ください。

⇒通話無料0120-051-879

このブログの投稿者

blank

CS推進お客様相談室

終活カウンセラー   1級葬祭ディレクター

藤﨑 榮子

お客様のご不安を少しでも軽減できますよう日々、精進してまいります。

お急ぎの方へ

0120-051-879

お電話は、24時間365日対応しております

0120-051-879 お電話は、24時間365日対応しております こちらを押してお電話下さい

私たち葬儀ディレクターが承ります

  • 相談員 古賀 一級葬祭ディレクター

    相談員 古賀
    一級葬祭ディレクター

  • 相談員 藤崎 一級葬祭ディレクター終活カウンセラー

    相談員 藤崎
    一級葬祭ディレクター
    終活カウンセラー

事前相談・資料請求を
ご希望の方へ

葬儀に関する不安やご要望は
お気軽にご連絡ください。

  • 費用のことがよくわからない
  • 身内だけでひっそりと葬儀をしたい
  • 参列者が急に増えてしまったら…

エンディングノートをプレゼント中!

事前相談・資料請求はこちら