当葬儀社について

投稿者:藤﨑 榮子

「仏像の基礎知識③」について

blank

「仏像の基礎知識③」について

さいたま市に本社を構える、家族葬、1日葬、火葬式など様々な形式、宗教宗派にご対応させて頂いている博愛社(オーロラ・ホール)です。



今回は、「仏像の基礎知識③」についてお話いたします。


【素材によって異なる、仏像のつくり方】


鋳造像(ちゅうぞうぞう)

→土と蠟でつくった空洞に金属を流し込む方法。多くは銅が用いられたようですが、鉄や金、銀でもつくられました。最後に金メッキで仕上げます。


乾漆像(かんしつぞう)

→漆の樹液を固めてつくる方法です。粘土で原型をつくる脱活乾漆と、おおよその形を木彫りでつくる木心乾漆があます。


木像(もくぞう)


豊かな自然に恵まれた日本では、仏像の素材にも木が多く使われました。1本の木から彫り出す一木造と、寄木造があります。


石像(せきぞう)

彫刻に適した自然石が少ない日本に石像は多くないですが、崖に直接彫刻した磨崖仏や、小さな石地蔵を路傍に見ることもあります。


塑像(そぞう)

→粘土でつくる仏像。形成の自由度が高く、ほかの素材に比べ手間も費用もかかりませんが、重くて壊れやすいという欠点があります。




ご不明な点ございましたら「博愛社」へお電話ください。



さいたま市の家族葬は、博愛社へお任せください。ご逝去時のお迎え、葬儀の運営、アフターサポートまでなんでも承ります。



お急ぎの方は24時間365日いつでもお電話ください。

⇒通話無料0120-051-879

このブログの投稿者

blank

CS推進お客様相談室

終活カウンセラー   1級葬祭ディレクター

藤﨑 榮子

お客様のご不安を少しでも軽減できますよう日々、精進してまいります。

お急ぎの方へ

0120-051-879

お電話は、24時間365日対応しております

0120-051-879 お電話は、24時間365日対応しております こちらを押してお電話下さい

私たち葬儀ディレクターが承ります

  • 相談員 古賀 一級葬祭ディレクター

    相談員 古賀
    一級葬祭ディレクター

  • 相談員 藤崎 一級葬祭ディレクター終活カウンセラー

    相談員 藤崎
    一級葬祭ディレクター
    終活カウンセラー

事前相談・資料請求を
ご希望の方へ

葬儀に関する不安やご要望は
お気軽にご連絡ください。

  • 費用のことがよくわからない
  • 身内だけでひっそりと葬儀をしたい
  • 参列者が急に増えてしまったら…

エンディングノートをプレゼント中!

事前相談・資料請求はこちら