当葬儀社について

投稿者:藤﨑 榮子

「仏像の基礎知識②」について

blank

「仏像の基礎知識①」について

さいたま市に本社を構える、家族葬、1日葬、火葬式など様々な形式、宗教宗派にご対応させて頂いている博愛社(オーロラ・ホール)です。



今回は、「仏像の基礎知識②」についてお話いたします。


仏像って何で出来ているの?


素材は金属、漆、木、石、土と大きく5種類。

素材によってつくり方や手間、費用なども異なります。



たとえば金メッキで仕上げる金属製の仏像は飛鳥・奈良時代に盛んでしたが、高度な技術と多くの費用が必要なため、平安時代になると素材は木に代わっていきます。



木像も、飛鳥時代は楠、奈良から平安初期は榧(かや)製になりました。仏像の需要が高まる平安後期からは、日本に多く生育していた檜を使用するようになります。

素材から仏像の作られた年代を想像することもできるのです。


【脱活乾漆像のつくり方】


奈良時代に多く用いられた、大変手間がかかる作り方です。


1.まずは芯棒に粘土を盛り付けていき、おおまかな原形をつくる。


2.原形に漆で麻布を何重にも張り付ける。かなりの量の漆が使用される。


3.切り開いて粘土を取り出す。木組を入れて補強し、合わせて張り子に。


4.乾漆(漆に木片などを混ぜたもの)を盛ったり削ったりして細かく造形。


5.最後に漆を塗り、金箔を張り付けたり彩色をほどこして仕上げる。




ご不明な点ございましたら「博愛社」へお電話ください。




さいたま市の家族葬は、博愛社へお任せください。ご逝去時のお迎え、葬儀の運営、アフターサポートまでなんでも承ります。



お急ぎの方は24時間365日いつでもお電話ください。

⇒通話無料0120-051-879

このブログの投稿者

blank

CS推進お客様相談室

終活カウンセラー   1級葬祭ディレクター

藤﨑 榮子

お客様のご不安を少しでも軽減できますよう日々、精進してまいります。

お急ぎの方へ

0120-051-879

お電話は、24時間365日対応しております

0120-051-879 お電話は、24時間365日対応しております こちらを押してお電話下さい

私たち葬儀ディレクターが承ります

  • 相談員 古賀 一級葬祭ディレクター

    相談員 古賀
    一級葬祭ディレクター

  • 相談員 藤崎 一級葬祭ディレクター終活カウンセラー

    相談員 藤崎
    一級葬祭ディレクター
    終活カウンセラー

事前相談・資料請求を
ご希望の方へ

葬儀に関する不安やご要望は
お気軽にご連絡ください。

  • 費用のことがよくわからない
  • 身内だけでひっそりと葬儀をしたい
  • 参列者が急に増えてしまったら…

エンディングノートをプレゼント中!

事前相談・資料請求はこちら