当葬儀社について

投稿者:藤﨑 榮子

「仏像の基礎知識①」について

仏像基礎知識01

「仏像の基礎知識①」について

さいたま市に本社を構える、家族葬、1日葬、火葬式など様々な形式、宗教宗派にご対応させて頂いている博愛社(オーロラ・ホール)です。



今回は、「仏像の基礎知識①」についてお話いたします。


そもそも仏像って?


日本へ仏像が渡ったのは、538年に朝鮮半島の百済から、平安時代には空海が中国から密教を持ち帰り、観音菩薩や明王がもたらされたといわれています。



世界初の仏像は、紀元1世紀にインドでつくられた釈迦如来像。仏教の祖、釈迦の姿を像に写したものです。紀元前5世紀ごろインドに生まれ、悟りを開き、仏教という形でその教えを広めたお釈迦様。



仏像はその姿を崇め、信仰を深めるためにつくられたものなのです。仏像の制作は釈迦の入滅から500年もあとのことですが、これはお釈迦様があまりにも偉大だったため、畏れ多くて像になどできなかった、と考えられています。



この500年の間は、お釈迦様の足をかたどった「仏足石(ぶっそくせき)」や武具の「法輪」、釈迦誕生のシンボル「蓮の花」などを人々は崇めていました。




ご不明な点ございましたら「博愛社」へお電話ください。



さいたま市の家族葬は、博愛社へお任せください。ご逝去時のお迎え、葬儀の運営、アフターサポートまでなんでも承ります。



お急ぎの方は24時間365日いつでもお電話ください。

⇒通話無料0120-051-879

このブログの投稿者

blank

CS推進お客様相談室

終活カウンセラー   1級葬祭ディレクター

藤﨑 榮子

お客様のご不安を少しでも軽減できますよう日々、精進してまいります。

お急ぎの方へ

0120-051-879

お電話は、24時間365日対応しております

0120-051-879 お電話は、24時間365日対応しております こちらを押してお電話下さい

私たち葬儀ディレクターが承ります

  • 相談員 古賀 一級葬祭ディレクター

    相談員 古賀
    一級葬祭ディレクター

  • 相談員 藤崎 一級葬祭ディレクター終活カウンセラー

    相談員 藤崎
    一級葬祭ディレクター
    終活カウンセラー

事前相談・資料請求を
ご希望の方へ

葬儀に関する不安やご要望は
お気軽にご連絡ください。

  • 費用のことがよくわからない
  • 身内だけでひっそりと葬儀をしたい
  • 参列者が急に増えてしまったら…

エンディングノートをプレゼント中!

事前相談・資料請求はこちら