葬儀について

投稿者:藤﨑 榮子

盆提灯について

盆提灯について

今回は、お盆に飾る提灯、「お盆提灯」についてお話させていただきます。

お盆とは、ご先祖様が7月~もしくは8月13~16日に浄土から地上へ戻られると考えられています。
ご先祖様を一年に一回、家にお迎えし一時を共に過ごすことにより、ご冥福をお祈りし、先祖の霊を供養します。
日本で初めてお盆が行われたのは西暦606年といい、聖徳太子の時代にはすでに行われた伝統的な日本の風習となります。

『盆提灯とは?』
盆提灯とは、お盆に先祖の霊を家にお迎えするための灯火のことを指します。
お盆は、浄土で暮らしているご先祖様をお家に招待し、仏様や先祖の恩に感謝をする1年に一度の行事になります。
また、盆提灯は家にお迎えするための目印のような役割でもあります。

『盆提灯の種類』
お盆に使う提灯には大きく分けて床置きと吊すタイプの提灯の2タイプに分かれます。

床置きの提灯は、昔ながらの形となる三脚型デザインの提灯が基本となります。
木製だけでなく、人気がある光が回転するタイプもあります。

最近主流になってきているモダンな提灯も基本は置き型が主となりますが、床置き型からコンパクトなミニ提灯など現代の生活様式にあったものが好まれております。

以上、お盆提灯についてご説明させていただきました、ご不明な点などございましたら「博愛社」へ何なりとお申し付けください。

さいたま市の家族葬は、博愛社(オーロラ・ホール)へお任せください。ご逝去時のお迎え、葬儀の運営、アフターサポートまでなんでも承ります。

お急ぎの方は24時間365日いつでもお電話ください。
⇒通話無料0120-051-879

このブログの投稿者

CS推進お客様相談室

終活カウンセラー   1級葬祭ディレクター

藤﨑 榮子

お客様のご不安を少しでも軽減できますよう日々、精進してまいります。

お急ぎの方へ

0120-051-879

お電話は、24時間365日対応しております

0120-051-879 お電話は、24時間365日対応しております こちらを押してお電話下さい

私たち葬儀ディレクターが承ります

  • 相談員 古賀 一級葬祭ディレクター

    相談員 古賀
    一級葬祭ディレクター

  • 相談員 藤崎 一級葬祭ディレクター終活カウンセラー

    相談員 藤崎
    一級葬祭ディレクター
    終活カウンセラー

事前相談・資料請求を
ご希望の方へ

葬儀に関する不安やご要望は
お気軽にご連絡ください。

  • 費用のことがよくわからない
  • 身内だけでひっそりと葬儀をしたい
  • 参列者が急に増えてしまったら…

エンディングノートをプレゼント中!

事前相談・資料請求はこちら