私たちが皆様の心に残る葬儀を演出いたします

最期に込みあげる“ありがとう”の言葉。別れの瞬間が感謝の想いで溢れるように

博愛社は、さいたま市・川口市・所沢市・戸田市・ふじみ野市を中心に埼玉県内で50年以上の歴史を持ち、これまでに1万件以上の葬儀実績を持つ地域密着型の葬儀社です。常に故人様とご遺族様の心に寄り添うことを大切に考え、きめ細やかでおもいやりのある対応を心がけております。

当社のスタッフは、厚生労働省認定の1級葬祭ディレクターをはじめとして長年の経験に裏付けられた知識と技能を持つ「プロフェッショナル」です。葬儀に関するご質問・ご相談から葬儀当日のフォロー、アフターケアまで、皆様に寄り添った最適なご提案をいたします。

ご遺族様や会葬者の皆様に「いいお葬式だった」 と思っていただける葬儀にするために、精一杯お手伝いさせていただきますので、どのようなことでも遠慮なくお尋ねください。

CS推進お客様相談室

部長 藤﨑 榮子

終活カウンセラー
1級葬祭ディレクター
全葬連事前相談員
部長 藤﨑 榮子

お客様のご不安を少しでも軽減できますよう日々、精進してまいります。

詳しく見る>>

藤﨑 榮子

終活カウンセラー・1級葬祭ディレクター・全葬連事前相談員
庶務課長 藤﨑 榮子
1、入社動機
旅行関係の仕事に携わっているときに、叔父の葬儀を経験し、サービス業の中で葬儀の仕事があることを知りました。悲しみ深い時に、少しでもお客様の心の支えになれたらと思い入社いたしました。
2、お客様と接する時に何を心掛けているか?
ゆっくりとお別れをしていただけるよう、心がけています。
3、葬儀に対する想い、仕事を通じて感じる事
人生においてたった一度のラストセレモニーのお手伝いをさせて頂けることに感謝しています。
4、心に残るエピソード
亡くなられた方が結婚式をしていなかったとの事で、終婚式をさせて頂きました。お棺の中には、ウエディングドレスを納め出棺時には、フラワーシャワーでお送りさせていただきました。
5、休日の過ごし方
子供と遊びます。

葬祭事業本部

支配人 小泉 拓也

1級葬祭ディレクター
葬祭事業部 部長
オーロラ・ホール中央 支配人
小泉 拓也

18年間のホテル業界から転職させていただき、接客業として培ったノウハウを最大限に活用し葬祭業に従事しております。ホテル業も葬祭業も同じ接客業、お客様の「ありがとう」が仕事の活力になっています。

詳しく見る>>

小泉 拓也

1級葬祭ディレクター
葬祭事業部 部長
オーロラ・ホール中央 支配人
支配人 小泉 拓也
1、入社動機
もともと人の役に立つ接客業が好きで、前職のホテル業界では結婚式をお手伝いしておりましたが、同じ接客業であるお葬式に興味を抱き、自分の手でお客様にお手伝いをしたいとの決意で、真逆の道に進むことに致しました。
2、お客様と接する時に何を心掛けているか?
常にお客様の立場に立ち何をされたら喜んでくれるのか?、あるいは感謝していただけるのか?そのような事を考えながら「おもてなし」のこころを持った接客を心掛けています。
3、葬儀に対する想い、仕事を通じて感じる事
お葬式は失敗が許されない仕事です。2回目はありません。その事を肝に銘じてお葬式をお手伝いさせていただいております。
4、心に残るエピソード
いろいろとエピソードはありますが我々の故人様に対する気遣い、心配りという想いは自然にお客様のこころに響きます。一生懸命にお手伝いをさせていただいた時のお客さまからの「ありがとう」が我々のこころに響きます。
5、休日の過ごし方
とっても元気なやんちゃで可愛い3歳と1歳の子供たちと遊んでいます。子供たちの成長を楽しみつつ癒されています。
鈴木 雅大

1級葬祭ディレクター
オーロラ・ホール浦和 支配人
鈴木 雅大

葬儀の仕事に就きたくて専門学校で勉強してまいりました。まだまだ学ぶことは多いですが精一杯お手伝いさせていただきます。

詳しく見る>>

鈴木 雅大

1級葬祭ディレクター
鈴木 雅大
1、入社動機
葬儀の専門学校で勉強をしておりましたので、就職活動の際に博愛社をご紹介いただきました。他社とは違った葬儀への思い、サービスを感じ入社しました。
2、お客様と接する時に何を心掛けているか?
ご葬家様それぞれが、色々な思いでご葬儀を行なっていらっしゃるので、そこに少しでも寄り添えるよう心がけています。
3、葬儀に対する想い、仕事を通じて感じる事
一度きりのご葬儀、決して失敗の許されないことです。ご家族の方にご満足いただけるよう、精一杯お手伝いさせていただければと思っております。
4、心に残るエピソード
エピソードとなると難しいですが、ご家族からありがとうの言葉が一番心に残ります。
5、休日の過ごし方
インドア派です。テレビを見たり、本を読んでいることが多いです。
氏家 達也

1級葬祭ディレクター
オーロラ・ホール南浦和 支配人
氏家 達也

ご遺族様が故人様と最期のお別れをする大切な時間を、より一層心に残るものにできるよう心を込めて精一杯お手伝いしていきます。

詳しく見る>>

氏家 達也

1級葬祭ディレクター
オーロラ・ホール浦和 支配人
氏家 達也
1、入社動機
人と関わる仕事に魅力を感じ、人に感謝される仕事に就きたいと思っておりました。 大切な方とのお別れの大事な時間をお手伝いさせていただくことで皆様のお役に立てるのではと思い、この仕事に就きました。
2、お客様と接する時に何を心掛けているか?
お悲しみの中のご遺族様に対して常にお悔やみの気持ちを忘れないこと。突然訪れるご葬儀に関して、わからないことだらけとおっしゃる方が普通です。そんな時に、出来る限り分かりやすくご説明をし、皆様の不安を少しでも取り除いて差し上げたいと考えております。
3、葬儀に対する想い、仕事を通じて感じる事
普段生活しているとあまり考えることのない人の死について。仕事を通じてそのことに常に関わることで、生きることについても深く考えるようになりました。一日一日を大切に生きるようになりました。
4、心に残るエピソード
「氏家さんがついていてくれて本当に心強かった。ありがとう」とご遺族様に言葉をかけていただき、両手で握手を求められた時です。大変嬉しく、これからも皆様のために頑張っていこうと思い、励みになりました。
5、休日の過ごし方
休日は家族と一緒に過ごしております。
長谷川 亮

1級葬祭ディレクター
長谷川 亮

父を送ってもらったとき、「葬儀をしてもらってよかった……」そう強く感じ、心に残りました。お客様にも「よかった」と感じていただけるよう精一杯お手伝いさせていただきます。

詳しく見る>>

長谷川 亮

1級葬祭ディレクター
長谷川 亮
1、入社動機
急成長している博愛社に今後の将来性を感じ、お客様一人一人に丁寧に接している、そんな先輩方のプロとしての立ち振る舞いに憧れ、入社の決意をさせていただきました。
2、お客様と接する時に何を心掛けているか?
お客様の求める想いや気持ちを察してお応えできるよう、常日頃気配り、目配りを心掛けております。
3、葬儀に対する想い、仕事を通じて感じる事
葬儀は亡くなられた方のご意思や残されたご家族様の気持ちを形にしていくものであり、故人様が主役の最後の晴れ舞台であると考えます。 そんな想いをオンリーワンの形にし、お旅立ちのお手伝いさせていただきます。 お客様からの「ありがとう」は何度聞いても嬉しく思います。 明日に向けて頑張ろうという気持ちをいただける最高のお言葉です。
4、心に残るエピソード
担当させていただいたお客様から「ありがとう、長谷川さんに担当してもらって本当によかった。今後必要なものは全て長谷川さんに任せる」と言われ、お仏壇からお墓に至るまでお手伝いをさせていただきました。 お客様からの信頼をいただいたこと、そしてこの上ない嬉しいお言葉でした。
5、休日の過ごし方
二人の子供の遊び相手です。
楠田 安秀

1級葬祭ディレクター 楠田 安秀

故人様とゆっくりお別れができる「心の余裕」を作って差し上げることが大切だと思います。最後の想い出作り、お手伝いさせて下さい。

詳しく見る>>

楠田 安秀

1級葬祭ディレクター
楠田 安秀
1、入社動機
舞台照明や音楽関係の仕事をしてました。 葬儀式というステージで自分の力と可能性を試したく入社いたしました。
2、お客様と接する時に何を心掛けているか?
不意に訪れた「別れ」から私たちはお客様と出会います故人様とゆっくりお別れができる「心の余裕」を作って差し上げることが大切だと思います。最後の想い出作り、お手伝いさせて下さい。
3、葬儀に対する想い、仕事を通じて感じる事
故人様に対する想いは十人十色。お葬式には色々なやり方があってよいのです。 遺族様が故人様をきちんと送り出してあげることが出来たという 達成感が大事だと思います。
4、心に残るエピソード
一風変わった音楽葬を執り行ったことがあります。 故人様の友人のジャズバンド仲間が集まり生演奏での献花やご出棺時の BGM、もちろん献奏もしてくれました。参列者の口々から「いいお葬式だったね」 「アイツらしくて良かったよ」と言われ遺族様もジャズ葬にして本当に良かったと 感動していただけました。
5、休日の過ごし方
好きなバンドのライブや海外TVドラマなどのビデオ鑑賞。 ミュージカルを観に行くのも好きです。
馬場 飛優

1級葬祭ディレクター
馬場 飛優

お客様一人一人に感動の葬儀を提供している博愛社に憧れを抱き、入社いたしました。故人様、お客様にとって決して後悔のない愛と感謝のお葬式のため、最期の瞬間までお手伝いをさせていただきます。よろしくお願いいたします。

詳しく見る>>

馬場 飛優

1級葬祭ディレクター
馬場 飛優
1、入社動機
「オーロラ・ホール」という素晴らしい式場で、他とは質の違う新しいお別れのかたちを提供する博愛社に興味を持ち、この会社でご葬儀のプランニングをしたいと思い、入社致しました。
2、お客様と接する時に何を心掛けているか?
常にお客様の声に耳を傾け、ご要望に合う、確かな「情報」をご提供させていただく事です。
3、葬儀に対する想い、仕事を通じて感じる事
ご葬儀とは人が主役になる最後の行事でもあり、誰もが経験しなければなりません。形式になりがちなご葬儀には、たくさんの「付加価値」をつけることが大切なことだと思います。仕事を通じて、お客様1人1人違ったお別れのかたちがあるという事を常に感じております。
4、心に残るエピソード
あるお客様に初めてお会いした時から、私は「きみ」と呼ばれていましたが、ご葬儀が終わった際にお客様から「打ち合わせありがとう。馬場さんで本当によかった。きみとか呼んでごめんな。」と言われました。私にとってこの言葉は何よりもうれしかったし、一生忘れません。
5、休日の過ごし方
買い物、ゴルフ、草野球をしています。
渡辺 隆太郎

渡辺 隆太郎

小さな気遣いの積み重ねにより、お客様に大きな感動を感じていただけると思っております。常にお客様のために何ができるかと考えて行動してまいります。

詳しく見る>>

渡辺 隆太郎

渡辺 隆太郎
1、入社動機
大学生時代の就職活動で研修生として受け入れて頂いた事をきっかけに入社いたしました。博愛社のオリジナルの葬儀、オリジナルの生花祭壇、 そして、優秀な先輩方に魅了され、入社いたしました。
2、お客様と接する時に何を心掛けているか?
「ちりも積もれば山となる」 小さな気遣いの積み重ねによりお客様に大きな感動を感じていただけると思っております。常にお客様のために何ができるかと考えております。
3、葬儀に対する想い、仕事を通じて感じる事
故人様のことを想い偲ぶ皆様のお気持ちに触れ、人が亡くなるということの重大さを日々感じております。大切な方との最後のお別れの場を、充実したものにしていただけるようにお手伝いしたいと思っております。
4、心に残るエピソード
ファッション関係の仕事をしていらした方のご葬儀に、ご友人の方々が私服でご弔問にお越しになりました。故人様の思い入れのあるファッションだったそうです。それに気づいたご家族の方が感動し涙していたことが忘れられません。
5、休日の過ごし方
なるべく家から出て買い物等を楽しんでおります。自転車で出かけるので、さいたま市の街並みを眺めつつ面白い発見がないか探しております。
木川 翔太

木川 翔太

お客様の大切な方をお見送りするお手伝いの仕事なので、日々責任を感じております。失礼のないように、また少しでも気持ちが和らぐように丁寧な対応を心掛けてまいりたいと思います。

詳しく見る>>

木川 翔太

木川 翔太
1、入社動機
大切な方を亡くされて悲しみの中にいる人の力になりたいという思いがあったからです。
2、お客様と接する時に何を心掛けているか?
失礼のないように、また少しでも気持ちが和らぐように丁寧な対応を心掛けています。
3、葬儀に対する想い、仕事を通じて感じる事
お客様の大切な方をお見送りするお手伝いの仕事なので、日々責任を感じております。
4、心に残るエピソード
お客様に満足していただける葬儀になるように務めてまいります。
5、休日の過ごし方
海外ドラマを見て過ごしています。
金城 勇介

金城 勇介

ご家族が故人様と最後の時間を過ごす大切な瞬間を、お手伝いさせて頂いている事に責任と緊張感を常に心に持ち、ご葬儀のお手伝いをさせていただきます。

詳しく見る>>

金城 勇介

金城 勇介
1、入社動機
お客様にあった、お客様の為の葬儀『オンリーワンの葬儀』というサービスに感銘を受けました。 私も、博愛社の一員として、お客様の事を考えた葬儀をお手伝いしたいと思い入社致しました。
2、お客様と接する時に何を心掛けているか?
常にお客様の事を考え、お客様にとって良かったと思える葬儀に出来るよう心掛けております。
3、葬儀に対する想い、仕事を通じて感じる事
葬儀とは故人様の為だけではなく、ご家族の為にもあると感じております。 故人様の為に、そしてご家族が故人様との最後の時間を過ごす大切な瞬間を お手伝いさせて頂いていると思っております。
4、心に残るエピソード
お客様に顔とお名前を覚えて頂き、「この間はありがとうございました」と言われたことです。
5、休日の過ごし方
読書や水泳、友人と過ごしています。

セレモニーコンシェルジュ

内藤 美枝

セレモニーコンシェルジュ
内藤 美枝

主に立会・案内の仕事をしています。お客様から「ありがとう」と言っていただけることを目標に頑張っています。

詳しく見る>>

内藤 美枝

セレモニーコンシェルジュ
内藤 美枝
1、入社動機
私は、以前に博愛社で、私の親族を見送って頂きました。 その時にとても素敵な葬儀をして頂き、私もこの会社で、お客様の大切な方を見送るお手伝いをしたいと思い、入社致しました。
2、お客様と接する時に何を心掛けているか?
お客様にとって、一度限りのご葬儀、お客様の気持ちを常に考えてお客様に接する事を心がけております。
3、葬儀に対する想い、仕事を通じて感じる事
ひとつひとつの違うご葬儀に出会う度に、愛・感謝・真心に接し、自分自身新しい発見と出会いに感謝する日々をいただいております。
4、心に残るエピソード
私が火葬場へご案内したお客様が、オーロラホール浦和のイベントにお見えになった時に、私に声をかけてくださいました。とても嬉しくて心に残っております。
5、休日の過ごし方
休日は、子供と過ごしております。
鈴木 了子

セレモニーコンシェルジュ
鈴木 了子

お客様が何を求め、何を考えているか常に心掛けながら行動しています。

詳しく見る>>

鈴木 了子

セレモニーコンシェルジュ
鈴木 了子
1、入社動機
父が葬儀に携わる仕事をしていた為、身近に感じていて興味を持ったからです。
2、お客様と接する時に何を心掛けているか?
お客様が何を求め、何を考えているか常に心掛けながら行動しています。
3、心に残るエピソード
ご葬儀を終えて喪主様がご自宅に戻られるとき『お通夜、告別式と一緒にいてくれてありがとう』とおっしゃって下さいました。思いがけない言葉をいただき本当に嬉しく思い、また一層頑張ろうという気持ちになりました。
4、休日の過ごし方
仕事でなかなか子供達と一緒にいる時間がないので休日は子供たちとのんびり過ごしています。

フラワー事業部

山中 裕

山中 裕

これまでの経験を生かし、存分に発揮できる職場だと感じたので、博愛社に入社致しました。 故人様にとって人生最後のセレモニー、やり直しや失敗は許されないという緊張感を持って携わるとともに、ご遺族様が故人様に対する思いを『花』という形で表現できるようお手伝いできたらと思っております。 お客様の『よかった』『綺麗に飾ってくれてありがとう』などのお褒めの言葉が心に残り、これまでの自分を支え何よりの力になっています。
森田 達也

森田 達也

旅立つ故人様へのお客様の想いを形にするお手伝いを心を込めてさせていただきます。 まだまだ学ぶ事は沢山ありますが日々精進してまいります。

営業事務

髙瀨 友美

髙瀨 友美

お客様だけでなく、葬儀に関わる全ての方々に 真心を持って接していきたいと思います。
柴田 美樹

柴田 美樹

【一期一会】皆様との出会いに感謝しますとともに、少しでもお役に立つことができますよう一日一日、精一杯努力してまいりたいと思います。
北村 純子

北村 純子

与野支店に勤務しております。地域に根差し、心からのおもてなしに繋がるよう心がけてまいります。 います。
浅見 理恵

浅見 理恵

内勤業務をしております。故人様、ご遺族様の最後の大切な想い出の1ページを、心を込めて1つずつ丁寧に作成してまいります。
小川 悦子

小川 悦子

直接ご葬儀に携わることはございませんが社員さん達が備品の積み込みで事務所に立ち寄った際には少しでも休息し、よいお仕事をして貰えるようにと日々心がけながらお手伝いをさせていただいております。

人材育成部

本部長 松本 秀之

1級葬祭ディレクター
人材育成部
部長 松本 秀之

大切な方を亡くされ、悲嘆に暮れているご遺族に「お客様の側に立った親身な応対をさせていただく」ことを心がけ、日々業務に取り組んでおります。心に残るご葬儀のお手伝いができればと思います。

詳しく見る>>

松本 秀之

1級葬祭ディレクター
人材育成部
部長 松本 秀之
1、入社動機
中学生の頃に祖父の葬儀に立ち会った際、葬儀社の担当の方がとても親身になって対応してくださり、それがずっと頭にあり、自分も人の役にたてる仕事に就きたいと思いこの業界を選びました。
2、お客様と接する時に何を心掛けているか?
常に意識している事は、お客様の立場にたってご葬儀のお手伝いをさせていただくと言う事です。遺族の方にとっては、数十年に一度の事なので慣れていらっしゃる方と言うのはそういません。ですから、専門用語等はあまり使わず、わかりやすい言葉で丁寧に応対させていただく事を心がけております。
3、葬儀に対する想い、仕事を通じて感じる事
お客様との会話を大切にし、お客様が何を要求しているかを感じ取り、『この人に葬儀を担当してもらって良かった』と思っていただける様な葬儀が行えればと、日々思っております。
4、心に残るエピソード
小学校の先生の葬儀を担当させていただいた時に、喪主である奥様が『霊柩車で主人の勤務していた小学校の周りを一周して欲しい』と仰られたので、そこへ向かうと、生徒が学校の周りで待機していて、その生徒達が作る花のアーチをくぐって一周した際は、感動のあまり喪主様と一緒になって泣いてしまいました。あれは感動的でした。
5、休日の過ごし方
最近ゴルフを始めたので、休日はもっぱら打ちっ放しに行く事が多いです。

経営企画本部

課長 古賀 俊介

1級葬祭ディレクター
経営企画本部
課長 古賀 俊介

「人の役に立ちたい」という想いから、葬儀業界に転職してきました。より多くのお客様の悲しみを和らげ、新たな次のステップが踏み出せるように精一杯お手伝いいたします。

詳しく見る>>

古賀 俊介

1級葬祭ディレクター
経営企画本部
課長 古賀 俊介
1、入社動機
自分自身の能力、技術が最大限に生かせると確信した為です。
2、お客様と接する時に何を心掛けているか?
お客様が何を求めているのか?何をしたら喜ばれるか?を常に考えております。
3、葬儀に対する想い、仕事を通じて感じる事
葬儀を通して少しでも新たなスタートが切れるように心がけております。
4、心に残るエピソード
担当が古賀さんでよかったとおっしゃって頂いたことです。
5、休日の過ごし方
家族でお出かけをしています。

経理部

平石 真理

平石 真理

経理担当として、お客様は勿論のこと、 業者の方々にも真摯に対応できるよう心がけております。

役員

代表取締役 村上 基一

代表取締役
村上 基一

取締役村上 節子

取締役
村上 節子

専務取締役 村上 基治

専務取締役
村上 基治

常務取締役 村上 武白

常務取締役
村上 武白

執行役員 業務統括本部  本部長 島田 裕美子

執行役員
業務統括本部 本部長
島田 裕美子

執行役員 業務統括部長兼総務・経営管理部 部長白井 建

執行役員
総務・経営管理部 部長
白井 建

社長室長 村上 基久司

社長室長
村上 基久司

営業開発部

取締役営業本部長 佐野 巖

取締役営業本部長
佐野 巖

営業次長 髙木 昭夫

営業次長
髙木 昭夫

博愛社はさいたま市で60年の歴史を持つ葬儀社です地域の方々に支持されている理由をご紹介します当社が選ばれる理由

プランやサービス内容をお届します 資料請求はこちら

ページTOPへ