会社・団体への多大な功績を称える社葬

霊柩車

企業の創設者や代表など、社会的な地位が高い方が逝去された場合、葬儀の際には弔問客の数も多くなり、ご遺族様には大きな負担がかかってしまいます。そのため、まず近親者の方々だけで葬儀を済ませ、日を改めて故人様が属していた会社・団体が主体となったお別れの会を開催するケースがございます。

そうした会社や団体が主催する規模の大きなお葬式が「社葬」です。さいたま市・川口市・所沢市・戸田市・ふじみ野市を中心に葬儀のお手伝いをしている「博愛社」では、社葬のご相談からサポートまで丁寧に対応いたします。ご要望に合わせた社葬のプロデュースを行いますので、ご安心してお問い合わせください。
※寺院でのご葬儀など一部ご利用いただけない場合がございます。

社葬と個人葬の3つの違い

社葬は個人で行う一般的な葬儀とは規模や弔問客の数が異なるので、手順・手配に関しても異なるアプローチが必要となります。社葬と個人葬で大きく異なる3点についてご紹介します。

社葬と個人葬の3つの違い

違い1「費用の負担」

ご遺族が行う個人葬とは異なり、社葬は会社や団体が主催するお葬式です。そのため、葬儀での規定や役割分担などはあらかじめ決めておく必要があります。

違い2「準備日数」

社葬は故人様が企業に遺した功績を称えるだけでなく、企業の今後の体制が磐石であることを知らしめる機会にもなります。当然、多くの会葬者が参加することになるので、十分な準備期間を設ける必要があります。

違い3「施主の人選」

個人葬の場合は、喪主(祭祀主催者)と施主(布施を行う方)は同じ方が務めますが、社葬の場合は、喪主が遺族の代表者で施主は企業となります。

社葬に関する疑問にお答えします社葬Q&A

  • JR浦和駅徒歩3分オーロラ・ホール浦和
  • JR南浦和駅徒歩3分オーロラ・ホール南浦和
  • JR南与野駅徒歩4分オーロラ・ホール中央

費用や葬儀場のご不安をすぐに解決します。博愛社への資料請求・お見積はこちらから

規模や金額などご要望にあわせたプランをご用意ホームページ限定プラン紹介中 プラン一覧

埼玉県の斎場一覧

ページTOPへ